夏の東北 電車旅 vol.2

電車旅のプランは、主人におまかせ。

まずは、腹ごしらえ!鷹巣から奥羽本線に乗り、大館へ。
名物の鶏めしは、滋味深く優しい、名駅弁でした。
主人のNO.1鳥めしに認定(笑)

c0220399_838496.jpg


鷹巣に戻り、本日のメインイベント
秋田内陸縦貫鉄道へ。

カラフルな電車もあるのですが、待っていたのは一番古い型式でした。

c0220399_8401554.jpg


車内アナウンスも車掌さんがこなしてくれます。
乗り心地よいなぁ、と思っていたら、主人が

「ゆは気づかなかったかもしれないが、この運転士さんは超一流です。
 乗り心地よかったでしょう?」だって!

c0220399_8404143.jpg


車窓を楽しみながら

c0220399_8413094.jpg


眠くてぼーっとした頭で 温泉のある阿仁前田駅へ。


c0220399_8533945.jpg



c0220399_8423693.jpg


秋田県内初の温泉付き駅舎だそうです。
茶色っぽい源泉掛け流しのお湯は、岩塩を溶かしたみたいにしょっぱくて、
熱めで気持ち良かったです。

神奈川で孫が幼稚園の先生をしていると話しかけてくれたおばあちゃん。
「先生が50人、園児が800人いる幼稚園」だって。す、ごい。どこだ??


c0220399_8454559.jpg


おつぎは、息子のために大きな公園がある阿仁合駅へ。

阿仁合川は透明度高く、とても綺麗で フライフィッシングをしている人がたくさんいました。

c0220399_940049.jpg


トンボ天国みたいにトンボがたくさん!

c0220399_9373931.jpg


ひろーーい芝生の公園は、貸し切りでした

c0220399_8504462.jpg


一足踏むごとに、小さな昆虫が飛び跳ねて
都会育ちの私には、感動しきり! 自然って最高。

c0220399_851985.jpg


秋田内陸縦貫鉄道は、年間2億円の赤字を抱えているそうで
地元の人も、駅員も一体となって観光線としての生き残りをかけています

c0220399_92858.jpg


そうは言っても、人々はとても優しく おおらかで
忘れた荷物を届けてくださったり、きれいな場所では運転を遅くしてくれたり

c0220399_9292824.jpg

*私は爆睡していましたが。。主人撮影


終点角館では、駅のスタッフ全員が、ありがとうございましたと
頭を下げて見送ってくれました。

c0220399_933948.jpg


角館では、しばし武家屋敷をながめ、新幹線こまちで秋田駅へ。

c0220399_9305481.jpg



ローカル線を旅すると、角館すら、大きすぎる町に思えてしまいます
秋田駅そばで宿泊しましたが、内陸縦貫線の駅でお泊まりすれば良かった。。と
いつもながら、小さな駅を恋しく思うのでした。
また来るからね。まっててね。

さて、次は最終日。白神へ。
[PR]
by nuage-jardinet | 2010-08-24 09:51 |